採用情報Recruit

先輩社員インタビュー[貨物業務(オフィス)]Interviews

Cargo Service
(Office)
貨物業務(オフィス)小林 寛和所 属/成田空港支店・
カーゴサービス課
入社年/2011年

実際に入社してみて、スイスポートジャパンとはどんな会社だと感じていますか?
入社前の印象と変わったところはありますか?

入社前はスイスポートジャパンという名前をあまり聞いたことがなく、空港業務の経験もなかったので不安ばかりが先立ちました。しかし、入社後の初期トレーニングは充実の内容でひと安心。未経験者でも十分に活躍できる会社だと感じました。
また、スイスポートジャパンは、経験の有無を問わない会社です。私も先日、スイスポート韓国で働く貴重な機会をいただいたばかり。
最初からさまざまな業務にチャレンジできるので、毎日がとても充実しています。

先輩社員インタビュー 貨物業務(オフィス)
仕事をする上で心がけていることは何ですか?

二つのコミュニケーションです。
一つ目は、お客様の応対に関するもの。航空貨物の輸出入は、さまざまな人たちを介します。その中で電話やメールでの問い合わせや、受付にお越しになるお客様への対応で、失礼のないようにしなければいけません。
二つ目は、職場内での連携です。大きな案件をスムーズに進めるためには、チーム全体での力が必要になります。また、毎日楽しく仕事をする上でもスタッフ間の意思疎通は欠かせません。
このように、二つのコミュニケーションを大切にして、日々の業務に臨んでいます。

先輩社員インタビュー 貨物業務(オフィス)
大変だった仕事や、失敗エピソードを教えてください。
そこからどのようなことを学びましたか?

航空貨物を取り扱う際にはいろいろなシステムを用いるのですが、コンピューターへの入力は複雑な作業なので、思わぬミスをしてしまうことがあります。そんなときは、とても冷や汗が出ますね。逆に言えば、それだけ緊張感と集中力が必要とされる職場ということ。真剣に取り組んだ分、仕事のノウハウを確実に身につけられますし、周りのスタッフも助けてくれます。私も、失敗の経験から、どうすれば効率良く仕事を進められるかを学ぶことができました。これからもトライ&エラーを繰り返しながら、日々、成長していきたいと思います。

就活生へのメッセージ
さまざまなグランドハンドリング業務を行うスイスポートジャパンには、活躍の場が多くあります。
やる気次第でいろんなことに挑戦できるので、ぜひ一緒に頑張りましょう。
小林さんのある1日のスケジュール
06:00
起 床
07:00
出 社メールチェック、スタッフと各フライトの扱い状況の確認及び打ち合わせ
07:30
保税蔵置場のチェック空港貨物を保管している蔵置場(倉庫)内の状況確認
08:00
輸出貨物業務各フライトの輸出貨物の情報を到着地にシステムにて送信し、ドキュメントを作成する
08:30
保税に関する打ち合わせ保税(税関)担当者と保税(税関)関連事項について打ち合わせ
09:00
国内貨物業務国内貨物の取扱い業務
09:30
輸出貨物の取扱い各フライトの輸入貨物業務
11:30
昼 食オフィス内の休憩スペースにて昼食
12:30
午後便の状況確認午後便の取扱い状況の確認
13:00
輸出入業務輸出入貨物の取扱い業務
15:00
引き継ぎなどの打ち合わせ早番から、遅番への引き継ぎ・現場からの報告
マネージャーからの業務確認
15:30
業務報告当日の出来事やイレギュラー等をシステムにて業務報告
16:00
退 社